Live Schedule
Processed with MOLDIV

■ネコかるプロフィール
斎藤ネコカルテット(通称ネコかる)
ライブ活動19周年を迎えた弦楽四重奏のバンド。
それぞれのメンバーは独自に音楽活動で生計をたてているが、
忙しいスケジュールの合間をぬってほぼ道楽的に、年に数回のライブと
スタジオワークをこなしている。
10年もたつと全員所帯持ちになっている、ということに気付いたのも最近のことである。
こうなったら弦カル界の「ダークダックス」を目指すしかない。
1990年に「FRIENDLY GAMES」、1995年に「PLEASE」という
2枚の自主制作によるオリジナルアルバムを発表している。

〜メンバー紹介〜

【斎藤ネコ(1st.Violin)】
東京芸術大学作曲科卒業。
数多くのCM音楽の作曲や、聖飢魔ll、X-Japan、エレファントカシマシ、
ウルフルズ、 石川さゆり、南こうせつ、谷山浩子他多くのアーティストの
編曲、またアルバム プロデュースなどを手がける一方、ヴァイオリニスト、
キーボードプレイヤーとしても活躍。
守備範囲はクラシックからハードロックまで幅広い。
元日本作編曲家協会理事。日本音楽著作権協会正会員。

【グレート栄田(2nd.Violin)】
東京芸術大学器楽科バイオリン科卒業。
その明るい人柄と、ひょうきんな演奏でスタジオやコンサーで
ひっぱりだこである。 X オーケストラ、中島みゆきツアーの
コンサートマスターとしても活躍。
しかし、仕事より南の島の方が好きらしい。
現在、グレート栄田ストリングス主宰。

【山田雄司(Viola)】
東京芸術大学器楽科ビオラ科専攻。同大学院終了。
日頃は、NHK交響楽団の一員として、またオルビス弦楽四重奏団の
メンバーとして まじめにクラシック音楽と取り組んでいるらしが、
スタジオワークも盛んにこなしている。
N響の賃金アップを目指して、労働組合でも頑張っている。
人生の半分以上を斎藤ネコの音楽活動に巻き込まれてしまった
かわいそうな人でもある。
生きがいは、競馬。

【藤森亮一(Cello)】
東京音楽大学中退。
入学の翌年、日本音楽コンクールチェロ部門第1位となる。
その後、アンサンブル、ソリストともに売れっこになってしまい
学校に行く暇もなくなり、その忙しさのまま現在に至る。
しかし最近インプロヴィゼイションの方も磨きがかかり、
チェロという領域を超えた素晴しいプレイが連発している。
あの、山下洋輔氏にも「ベースの人」と呼ばれたほどである。
現在、NHK交響楽団首席チェロ奏者。モルゴーア弦楽四重奏団メンバー。

斎藤ネコカルテットFacebook : https://ja-jp.facebook.com/saitonekoquartet/

スタジオ予約フォーム
PAGETOP
Copyright © Obsounds(オブサンズ) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.