Live Schedule
Processed with MOLDIV


【斎藤ネコ(Violin)】
幼少期よりヴァイオリンを始め東京芸術大学音楽学部作曲科に入学。
在学中、弦楽合奏団「PIVOT」を主宰・指揮し演奏会を行う。
ヤマハ音楽振興会の編曲を手懸けたり、アマチュアバンドの指導を行い、
1979年よりジャズピアニストの市川秀男氏のアシスタントとして
数々のレコーディングを経験。アレンジ・指揮・ディレクションを学習する。
在学中の活動がそのまま仕事へつながり、卒業後も作・編曲、
ヴァイオリニスト、キーボードプレーヤー、プロデューサーとして
多方面で活動する中、多くの著名アーティストとも共演、
数々のCM音楽の作・編曲も手がける。
「斎藤ネコカルテット」のリーダーとして、意欲的にライブ活動中。
日本作編曲家協会元理事、日本音楽著作権協会正会員。
谷山浩子、南こうせつ、聖飢魔II、X、石川さゆり、宇多田ヒカル、
YUKI、椎名林檎等の編曲を手がける。
近年では多くの若手アーティストとの共演や活動にも精力的に活動中。
斎藤ネコHP : http://www2s.biglobe.ne.jp/~neko22/

【片木希依(pf)】
京都出身。4歳よりピアノを始め、高校、大学と音楽学校に進み、
海外などでも公演を行っているピアニスト/鍵盤奏者。
16年2月10日Schroeder-Headz、mabanua、関口シンゴ、
Shingo Suzuki(Ovall/Hipnotics)が参加したピアノ・アルバム
『Serendipity』でデビュー。
現在はインストゥルメンタル・バンド、jizue(ジズー)の
鍵盤奏者としても活動中。
jizueは、ジャズやポストロックをベースに、ダンスミュージックや
ミニマルの要素まで取り入れ、変幻自在で巧みな演奏能力が
高い評価を獲得しており、その人気は日本のみに止まらず、
カナダや中国で大規模なツアーを行なうなど世界中でファンを増やしている。
『 jizue 』 HP : http://www.jizue.com

【みどりん(ds)】
1978年生まれ、福島県出身。
2001年にSOIL&“PIMP”SESSIONSを結成し、04年にメジャー・デビュー。
国内はもちろん海外でも精力的な活動を展開しており、
06年にはモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。
これまでに10枚のオリジナル・アルバムを発表している。
2016年後半の活動休止を経て、
2018年5月9日、2年ぶりのオリジナルアルバム『DAPPER』をリリース。
三浦大知をフィーチャーしたアルバムのリードトラック
「comrade feat.三浦大知」が発売中。
『 SOIL&“PIMP”SESSIONS 』HP : http://www.jvcmusic.co.jp/soilpimp/ スタジオ予約フォーム
PAGETOP
Copyright © Obsounds(オブサンズ) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.